海外 ひとり旅の野望!

心細いのは最初だけ!ひとり旅の楽しさがもう止まらない!

今日、オイスターを大人食い🍽

ベルギーへ行ったら必ず一度は食べるムール貝

おいおい!題名間違えてるぞ!

大丈夫です。

オイスターだけじゃ1記事持たないので、

ベルギーの記事に絡めてみました。

ベルギーの初日!

ブリュッセル、イロ・サクレ地区にある有名店シェ・レオンで

ムール貝を食べるぞ!って意気込んでいましたが、ちょっとしたアクシデントで

テンションはダダ下がり。 

気を取り直して、シェ・レオンに向かいました。

ホテルを出て右手、最初の角を曲がるとイロ・サクレ地区。

レストランがひしめき合う通りです。

便利な場所なのでホテルの情報も入れておきます。 

有名店だけあって込み合っていました。

並ぶのも面倒なので別の店へ。

ホテルへ行く道すがら、お店の前の看板をチェック。

ムール貝+フリッツ(ベルギーのフライドポテト)+ビールで

シェレオンより少しお安めでした。

お店の名前何だっけ?

大丈夫、ここじゃなくてもいくらでもあります。

ムール貝が食べられるお店。

トップ画像がそれです。

ホウロウの両手鍋におそろいのボウルで蓋をして

出てきます。

その蓋が殻入れです。

女性でも一人でペロと食べられます…って記事を読みましたが

かなり多い。

全部は食べられませんでした。

アメリカではドギーバックを貰って持ち帰るのが普通。

検索した限りではヨーロッパでは、持ち帰らないようです。

 

日本人はいませんでした。

日本人客に遭遇しない店が好きです。

これぞ海外って感じがイイ!

 

正面にいたカップルが、最初は楽しそうでしたが

彼の方がスネだして、ご機嫌斜めに。

彼女は平然と食事中。

彼はテンションダダ下がり。

気になって気になって・・・・。ダダ下がり友達?

ここから本番オイスター

牡蠣も子供のころは、苦手でした。

あの触感と見た目がNG

でも、一度おいしさを知ったら病みつきです。

ちょっと大げさ。だけど冬になったら牡蠣、行ってみよ~!

どんな食べ方が好きですか?

やっぱり、生が一番好きです。

鍋には入れません。

たまたま安く売っていたので、2パック買っちゃいました。

もちろん生は、生食用ですよ。

生食用が新鮮というわけではないらしいです。

加熱するなら加熱用を使ったほうが良いってTVでやっていました。

オイスターバーみたいな殻付きのじゃないですよ。

よく見かけるパックに入ったの。

とにかくたくさん食べたいから。

盛り付け、ちょっと変。

数個だけで写した方がおしゃれだったかもね。

見えにくいですが、お皿のふちが貝の模様のレリーフになっています。

ソースは左から

マヨネーズ+バジルソース

醤油+レモン

ケチャップ+スリラッチャ(シラッチャ)

私はタバスコよりスリラッチャの方が好きです。

カルディや、最近では大手スーパーでも見かけます。

小さな貝のお皿はバターとガーリックで炒めたもの。

もちろんワインは白ね。(やっすいヤツ)

肉とか魚介とかにこだわらず、その時の気分で赤白を選びます。

牡蠣はあたったりすることも有るので(私は皆無)

殺菌作用がある白ワインが良いって聞いたことが有りますが

殺菌作用?

大人はいろいろ毒されているので

毎日アルコール消毒が必要ね🍷