海外 ひとり旅の野望!

心細いのは最初だけ!ひとり旅の楽しさがもう止まらない!

自家製ピクルスのようなもの

瓶入り常備菜

f:id:m421miyako:20200523180851j:plain

ピクルスと言うとアメリカドラマを思い出します。

ハンバーガーショップでピクルス抜きをオーダーするシーン。

日本人は嫌いならそっと取るイメージですが

お国柄の違いでしょうか?

 

常備菜と言うと、きんぴらやひじきなどが定番ですが

ピクルスのような漬物のようなサラダのようなこれは便利な常備菜です。

こんな保存容器がおしゃれなんですが

私が使っているのはトマトソースの空き瓶。

長期保存するには煮沸の必要が有りますが

2~3日で食べきるので、神経質になる必要もないと思います。

※その辺は自己責任でお願いします。

野菜の種類

なんでもOKですが、定番をピックアップしました。

赤い野菜 白い野菜 緑の野菜
パプリカ 大根(スティック) キュウリ(スティック)
人参(スティック) カブ むき枝豆
プチトマト(皮をむく) 蓮根(茹でる) セロリ(スティック)
茄子(スティック)   グリーンアスパラ
ラディッシュ(1/4カット)   キャベツ(ざく切り)
    ブロッコリー(塩ゆで)

f:id:m421miyako:20200523195635j:image

中身が全く見えませんがプチトマトです。

包丁の角、直角のところで十文字に切れ目を入れて

熱湯にくぐらせるとトゥルンと皮がむけます。

皮をむいて漬け込みます。

f:id:m421miyako:20200523213025j:plain

ブロッコリー・パプリカ・キャベツ  

f:id:m421miyako:20200523213424j:image

キュウリ+スライスレモン・カブ・茄子 

漬け込み液

ピクルスの苦手なところって

酸っぱすぎて妙に甘いとこじゃないですか?

黄金比と言われている比率は

酢:水:砂糖=1:1:1/2のようです。

塩は砂糖の1/2くらいだそうです。

 

一番簡単なのは市販のピクルス液や浅漬けの素ですが

野菜に合わせていろいろ作ってみました。

共通 メイン お好みで
麺つゆ
  白だし 砂糖
  醤油
    レモン(果汁・スライス)
    香辛料(胡椒・ハーブ)

 

共通項の水にメインの中から1つと(合わせてもOK)

お好みの中から(好みでいくつでも)選んで

ミックスします。

 

漬け込み液の希釈は、すぐ食べるなら濃いめに

翌日食べるなら薄めにしてください。

 

正しいピクルスの場合は、白ワインを加えたり

スパイスを加えて煮切って作りますが

どちらかと言うと漬物寄りなので

そんなおしゃれなものはいれません。

といっても漬物ほどしょっぱくもしません。

 

スティック状の野菜を入れるときは

瓶を寝かせて積み上げるようにいれると全部が縦に入ります。

液は野菜を入れてから注ぎます。

 

軽く塩もみしてから入れると漬かりやすいですが

塩をまとったままだと、しょっぱくなりすぎるので要注意です。

 

これはサラダだ!

朝、サラダを作るのって面倒じゃないですか?

何種類かの野菜を切って洗って・・・・。

ドレッシングやオイルのついたお皿はギトギトするし。

瓶詰の漬物サラダを作っておけば

好きなものをちょっとずつ盛り付けるだけ。

おしゃれな瓶でテーブルに出せばいい感じです。

必ずトングや取り箸を使ってください。

こんなのね。

f:id:m421miyako:20200524133508j:image

直接箸やフォークを突っ込むと腐敗の原因になります。

作り置きって、面倒ですけど後が楽。

爽やか野菜で夏乗り切ろう🍅

師と仰ぐLSSの新作。私はコピるだけ。

いつもすみませんね。