海外 ひとり旅の野望!

心細いのは最初だけ!ひとり旅の楽しさがもう止まらない!

うぬぼれ鏡

 自分を知ることは大事です

f:id:m421miyako:20200820213559j:plain

 

人間には無限の可能性がある・・・かも知れないけれど、

段々年を重ねるごとに

その可能性が少なくなってゆく気がする。

悲しいけれどそれが現実。

 

そして、自分の限界や

自分の能力を思い知らされる。

これも現実。

 

自分を知ることは大事なことです。

でも自分のことを一番知らないのは

自分なのかもしれない。

周りからの評価や

他人から言われたことを

自分の姿だと思い込んでいませんか?

 

自分が思い知らされ信じている姿は

自分が思い込んで信じている姿かもしれない。

本当の自分じゃないかもしれない。

 

あるとき何かふとしたきっかけで

本当の自分に出会う時が来ます。

それは潜在意識に有ったものが

突出しただけかもしれませんが

改めて、自分を知ることになる。

 

うぬぼれ鏡

上等な鏡は美人に映るって

聞いたことが有りませんか?

ガラスのクオリティーが高い鏡。

1点が10点にはなりませんが

2~3割は女っぷりが上がって映るらしい。

 

私が住んでいるのは昭和のマンション。

洗面所の鏡は

デザイナーズマンションにあるような

おっしゃれ~なのではなく

有りがちなボックス型で

鏡の扉を開けるとちょっとした収納になっています。

鏡のクオリティーは、大したことはないはず。

 

その鏡が、なんだか良いんです。

どんな風にいいかと言うと

うぬぼれ鏡なんです。

 

どうせ薄暗いんでしょう?

洗面所が暗いのが嫌なので

100Wです(LEDじゃないですよ昭和だから)

 

洗面所は一日に何回も行きますよね。

その度に、鏡に目が行く。

自分でいうのもアレですが

これが結構いい感じにアレなんですよ。

ついつい勘違いさせてくれる鏡です。

 

他の場所で鏡を見ると

え~!私ってこんなだった?

もっとイケてるんちゃいますの?

うん!この鏡がポンコツなだけ。

うぬぼれ鏡に映った姿、

それが、ホントの私よね。

 

身の程を知ることも大事かもしれませんが

思い込みの勘違いも 

自分を高める要素かもしれません。

 

うぬぼれ過ぎも鼻持ちならないですが

自分を過少評価する必要はないですよ。

 

自分が身を置く中で

過小評価されるか

過大評価されるか

実はそれってとても大事。

鳥が羽を広げて自分を大きく見せて

威嚇するように

自分を大きく見せることで

評価をあげることもできる。

 

過大評価されることで自信がついてくる。

自信をつけるためには

うぬぼれ鏡が役に立つ。

何でもできる気がする。

何でもやってみたくなる。

 

自分の未来が全部見えたような気がしたその時には、

確かにドアは1つしかなかった。

無限とは言わないけれど

今は、目の前に幾つものドアが見えます。

 

あなたにも、どこかにうぬぼれ鏡が有りますよ。

探してみて!