海外 ひとり旅の野望!

心細いのは最初だけ!ひとり旅の楽しさがもう止まらない!

海外旅行に圧縮袋は不要です!

旅行で頭を悩ますものは

f:id:m421miyako:20200119173507j:plain

ホテルもチケットも予約して

先ずは第一段階終了です。

初めての国では、

どのエリアに泊まるかを決めるだけでも

大変な作業。

一番重要なのは治安ですが、空港からのアクセスや

周囲の環境も大切です。

受託荷物の制限あり

優先順位は別として

もう一つ決めなくてはいけないのが荷物の事。

旅慣れたブロガーさんも多いので今更ですが

預ける荷物の大きさ・個数・重量は

エアラインにより多少異なるものの

エコノミーで20~23kgが2個まで。

 

旅支度ができたら、鞄を持って体重計に乗ってください。

そこから自分の体重を引くとそれが荷物の重さです。

あるいは、空港で預けるときに重さをチェックしておきましょう。

その段階で19kgとかだったらかなりまずい状況です。

海外在住の友人に海苔や乾物、カップ麺のお土産を詰め込んで

帰りはその分が空くなら話しは別ですが。

 

暑い国に行くなら着替えは必要ですが1枚が軽い。

寒い国に行くなら汗はかかないから

枚数は少ないけれどかさばる。

結局どっちもどっちです。

 

行きはよいよい帰りは恐い

私の鉄則としてスーツケースの中身は

出発時で半分まで。

残りの半分はお土産(自分のものも含め)用に

空にしておきます。

 

極端な例ですが、お土産が全部

缶詰だった場合を想像してください。

缶詰や瓶入りの調味料をたくさん買うとヤバいです。

重いです。

重量制限に引っかかるだけではなく

そもそも重くて引っ張るのも大変です。

 

救済案は有りますが

空港によってはウェイトスケールが置いてあるので

預ける前に計ってオーバー分を取り出せます。

トラベルショップでラゲージスケールを買っておけば

ホテルでパッキングする段階で計れるから安心です。

 

カウンターで荷物を預けて重量オーバーだったら

超過金を支払わなければいけません。

まだ体験したことは有りませんが

3000円~2万円くらいだそうです。

一律だったりキロ数に応じたり。

安物をたくさん買ってお金を払うのはばかばかしい。

 

Wait!そう言ってスーツケースを開いて

荷物を出せばいいのです。

賢い皆さんはやらないでしょうが

いったん退いてからですよ。

カウンターをふさいじゃだめですよ。

パニクるとありがちなので要注意です。

 

そこで何を出すかが問題です。

条件は、手荷物に入れられる小さくて重いもの。

例えば金塊とか。

(これ、別の意味でNGですね)

セーターやジャケットを出して

着てしまう。

南国だったら忍耐あるのみ。

 

昔だったら瓶入りのジャムとかを出せばよかったのですが

ジャムも水分と同じ扱い。

持ち込み制限量に引っ掛かり、保安検査で没収されます。

 

体積だけならこれが有る

重さもさることながら、そもそもスーツケースが満杯!

そんなことはありませんか?

さすがに、入りきらなかったことは有りませんが

上に乗っかって鞄を閉じてロックした経験者です。

いくらスマートな私でもそのくらいの体重は有ります。

(知り合いが読んだらレンガをぶつけられるフレーズ)

ほらほら、例のあれが有るじゃないですか!

圧縮袋です。

それって、布団を入れるやつでしょう?

掃除機で吸わなきゃダメでしょう?

って、あなた原始人?

今時100均に行くといろいろなサイズが有ります。

手でぎゅーってすると空気が抜けます。

パッケージには、まさに旅行鞄に入れている写真が。

おーい!それ間違ってる

急いで100均に行こうとしているあなた。

ちょ!まてよ。

1kgのものは圧縮しても1kg。

そこんとこ間違えちゃだめだよ。

カサ減らしにはなりますが重さは変わらない。

圧縮したもので満杯にしたら重くて持てません。

屈強なボディーガードを引き連れての旅ならいざ知らず。

というか、屈強なボディーガードを引き連れる財力が有るなら

超過金なんて関係ない。

というか、そもそもブログなんか書いてないし読んでない。

そんな時間が有ったらエステやネイルに行っている。 

当然100均へも行きません。

 

圧縮袋に入れてカサを減らしても

重量は同じなのでご注意ください。

このたった2行の内容を圧縮せずに盛りました。

どんだけ膨らませるんじゃと思ってるでしょう?

記事が入る大きさの圧縮袋を買ってきて!(^_-)-☆