海外 ひとり旅の野望!

心細いのは最初だけ!ひとり旅の楽しさがもう止まらない!

海外ドラマ ハグも握手もしない人

 日本の生活で、握手をする場面ってあまり思い浮かびません。

アイドルの握手会や選挙運動で地元をまわる候補者くらい。

同じくハグもなかなかしないです。

ラグビーで勝利した選手たちが、ハグをして喜びをわ分かち合っていましたが

テンションマックスな時に思わず・・・みたいな感じです。

f:id:m421miyako:20191211210911j:plain

欧米ではビジネスシーンでの握手は当たり前。

プライベートでも、紹介された初対面の人同士が握手します。

 

ハグの種類もいろいろで、

家族や身内どうしの愛情のハグ。

友人知人仲間の親愛のハグ。

職場で、復帰した同僚への歓迎のハグ。

去ってゆく人への惜別のハグ。

様々な場面で目にします。

目にするといっても、海外ドラマや

たまに行く海外で見かけるのがほとんど。

 

子どもの頃からそんな環境にいる欧米では

日本人が思うより、軽い意味合いかもしれませんし

抵抗が無いのかもしてません。

 

日本人目線で見ると

こんな人とハグしたくねー!って思わないのかな?

素敵とかキモイとかいちいち思わないのでしょうか?

 

世の中には度を越した潔癖症の人もいます。

つり革が触れない。

ドアノブを素手でつかめない。

人間は無菌状態で生きているわけではないので

多少の菌ではどうこうなりません。

線引きは心理的なものです。

 

海外ドラマのシーンで、

握手をしない人たちもいます。

手を差し出した相手に対し”ちょっと・・”と断ります。

設定的には潔癖症や風変わりという感じです。

そんなシーンをあえて入れるのはそれがリアルな現実だから?

 

家族や親しい人ならハグできますが

自分の職場の同僚や上司とハグできますか?

頭に浮かべたシーンを思わずかき消す私です。

ないわ~!

sponsor

 

 

 

 

NCISネイビーではギブス(ボス)とアビー(科学捜査分析官)のハグが

えーこんな?って思うほどです。 

f:id:m421miyako:20191214135951j:plain

画像はD-lifeより引用

アビー(左から3人目)はゴリゴリのゴスロリ。

黒髪のツインテールと9か所の刺青がトレードマーク。

科学的な分析やPCの技術に関してはピカイチですが

心はとってもデリケートで落ち込んだり傷ついたりします。

そんなアビーがとにかくハグ好き。

クールで厳しいボスもアビーに対してはハグしたり

ほっぺにチューしたり。

尊敬するボスと頑張る部下のこんな場面は

日本ではお目にかかれません。

 

本人たちが良くても、周りが許しません。

かっこいい上司が誰かとハグしていたら

みんな嫉妬でメラメラしちゃいますし

コンプライアンスにもかかわりかねないです。

 

余談ですがレギュラーメンバーのトニーは

後にBULLで主役を演じています。

年を取った感は否めません。 

CSI科学捜査班での1シーン。

事件が解決して、それまで確執のあったお偉いさんと部下が

和解の意味で握手をします。

部下が「ハグもしときますか?」と聞くと

堅物のお偉いさんは「それはやめておく」

部下は苦笑い。

ハグしないんか~い!と思わず言ってしまう私です。

 

NCIS LA 極秘潜入捜査班では

副局長のグレンジャーはみんなから煙たがられています。

事件解決後にチャラ男キャラのディークスから

ハグって言われますが「いや、結構」とお断り。

でも、ディークスはチャラ男キャラ。

有無を言わさず、おっさんのグレンジャーを

ギュッとハグ。

 

ハグするかしないかは、する側のキャラ次第!