海外 ひとり旅の野望!

心細いのは最初だけ!ひとり旅の楽しさがもう止まらない!

We wish you a Merry Christmas 2019

 2019 クリスマスはどのようにお過ごしですか?

f:id:m421miyako:20191205203516j:plain

キリスト教でもないのに、クリスマスだと!てやんでぃ!

という、江戸っ子の皆様。

コマーシャルベースに乗せられて、バッカみたい!

という、冷めた方。

 

良いじゃないですか、

何でも楽しんだもの勝ちですよ。

 

さすがに、パーティーピーポーじゃないので

街にくり出して大騒ぎなんかはしませんが

24日25日はちょっと豪華な食事を作ります。

 

今年は平日なので、バタバタしそうです。

写真は来年のクリスマス記事で使うので画像無しです。

※当然予約投稿なので

 

クリスマスの苦い思い出

私は目黒区に有るカトリックの幼稚園に通っていました。

そこではイブに盛大なクリスマス会をします。

学芸会みたいなものですが

今考えると幼稚園とは思えないクオリティーでした。

 

いつもは、お弁当なのですが

この日だけは出番などでバタバタするため

園側が用意してくれます。

それが、甘食(あましょく)です。

知っていますか?こんなのです。

f:id:m421miyako:20191205205935j:plain

ウキペディアによると

スポンジケーキとビスケットの中間のような

独特の触感で、南蛮菓子の影響を受け

明治時代に作られたそうです。

言っておきますが、私が園児だったのは昭和です。

 

1袋に◀▶こんな感じで2個入っています。

それがさー、パッサパサで水分持ってかれて

2個も無理!

これだけじゃ、飽きる。

 

それほどしっかりした子供じゃなかったので

持てあました2個の甘食をどうしていいのかわかりませんでした。

 

今だったら、無いわー!

子どもだからって、なめとんかい!って言えますが

(いや、今は子どもじゃないから)

残すにしても、どこに置く?

6歳くらいの記憶なので、まったく違うかもしれませんが

その辺で配られて、その辺で各自勝手に食べる。

そんな感じでした(だと思います)

 

その甘食を消してしまうには食べるしかない。

でも食べられない。のどを通らない。

もう一つ、消す方法を思いつきました。

それは、とても悪いことです。

子どもにとっては100%の罪悪感。

そうです。捨てるという選択肢。

食べ物を粗末にしてはいけない。

まともな家庭では、そんな風に躾られます。

誰にも見られないようにこっそりゴミ箱へ。

これ、捨てたの誰?って言われたらどうしよう。

ちっちゃなハートはバクバクでした。

 

この話は、誰にも話していません。

大人になれば笑い話かもしれませんが

その罪悪感は今でも拭えないトラウマです。

 

キリストの生まれた日の懺悔です。

神様ごめんなさい!