海外 ひとり旅の野望!

心細いのは最初だけ!ひとり旅の楽しさがもう止まらない!

バス、降ろされた!

 

 

I LOVE 公共交通機関

どこの国へ行っても(言うほど行っていませんが)公共交通機関での移動が

私のポリシー。

っていうか、それが充実していないところへは基本的に行かない。

 

ハワイも、アメリカ。車社会です。

オアフ島はバスが充実しているのでこれを乗りこなせれば

行動範囲もぐっと広がります。

1Dayパスができたので便利になりました。

 

 ハワイのバスはTHE BUS。

ピジョンイングリッシュ(ハワイ訛りの英語)で、ダ バスというのをもじった

バスのアプリが有ります(IOSのみ?)

停留所を探したり、バスのルートや時間を調べるのに重宝します。

DaBus2 - The Oahu Bus App

DaBus2 - The Oahu Bus App

  • City and County of Honolulu
  • ナビゲーション
  • 無料

 

ハワイでも公共交通機関であちこち行けるのはオアフ島だけ。

でも、有るのはバスだけ。

いえ、嘘です。

オアフやマウイにはさとうきび列車シュガーケイントレインが有ります。

まんざら嘘ではありませんが、これ、観光用です。

 

いえ、嘘です。モノレールもあります。

いえ、嘘です。

レールが2本だから、モノではありません。

モノレールとみせかけて、実は電車です。

 

最終的にはオアフ島西部のカポレイ~アラモアナSCまで。

ホノルルトランジット計画と呼ばれ、空港、ダウンタウンを経由し

交通渋滞の緩和も担うとのこと。

ただ、資金繰りやハワイアンタイムもあって、

全線開通は延び延びになっています。

今のところ言われている2020年も、どうでしょうか?

開通した暁にはぜひぜひ乗りたい私です。

公式サイトで⇩ご確認ください。

honolulutransit.org

バスの中の出来事

 バスは連結が無いので一目で見渡せます。

嘘です。

ハワイには連結になっている長いバスもあります。

バスの中はネタ(?)の宝庫です。

面白い人がたくさん乗っています。

 

アメリカ人ってバスで乗り合わせた人と、なんだか話が

弾んじゃったりしています。

知り合いじゃないの?

いえいえ、ずーっと見ていたのでわかります。

 

どうも、アメリカ人は雑談好きらしいのです。

英語でsmall talk。

どうやって、その方向へ持ってゆくんだろう。

隣り合わせた人と他愛もない話をして、それだけ。

あこがれるゥ!

何かを訪ねたりすることはあっても、それで終了。

もうひと匙、何かを加えるってことだよね。

英語でまくしたてられたらわかんない!と、思いつつも

話しかけてほしい気持ちもあるんだよね。

 

あのバスはどこからやってきた?

オアフ島、カパフル通りのセーフウェイは

大好きなスーパーマーケットの一つです。

商品も豊富で見ているだけで楽しいです。

f:id:m421miyako:20190602144545j:plain

おまけにこんなカードが有ります。

プライスカードに通常価格と会員価格が書いてあり

このカード持っていると会員価格で買えます。

カスタマーカウンターで無料で作れ、期限はありません。

safewayはアメリカ本土にもあるので持ってて便利!

※申込用紙をDLし、日本で記入していきましたが

 今はアクセスできないみたいです。 

帰り道での出来ごと

話がそれちゃいましたが、スーパーが楽しくて楽しくて

お店を出たら外は真っ暗。と言っても7時頃。

カパフル通りのこの店舗は敷地を出たところにバス停が有るので

治安も大丈夫。

運よくバスはすぐに来ました。

ところが、バスが動き出すとすぐにブザーが鳴ってストップ。

発車すると、またブザーが鳴ってストップ。

???

前の方に座っていた、ドレッドヘアーのお姉さんたちが

”いいから行って!行って!”という手ぶり。

ドライバーが、ドア故障のため降りてくださいというと

後ろの方にいたおばさんがツカツカと歩いてきて

”あたしなんか45分もバス待ってたんだから!ザケンじゃないわよ(勝手に吹き替え)”と、もの凄いけんまく。

”代替えのバスが来るから、それに乗り換えて”というドライバーの指示で

バスを降りると

行く先表示の電光板に”NOT SERVICE”と書かれたバスがすぐ後ろに。

乗るなって書いてあるし、まさかの早業にみんなが通り過ぎると

ドライバーがこれに乗って!”と。

そういえばストップを繰り返していた時、ドライバーがどこかに電話をしていました。

この速さで代替えのバスが来るなんて、びっくり。

近くに回送車がいたのか、車庫が近所なのか、

運が良かったのか、いつでもそうなのか。

それにしても、あのバスがどこに隠れていたのか、気になって仕方ない。

 

人生でバスを下ろされたのはこれが初めて。

エピソードひとつGET!

夜の山道で、なかなか代替え車が来なかったら悲劇ですが

スーパーの帰り道、ワインも食料も有る。

みんなで酒盛りでもして待ちましょうか?