海外 ひとり旅の野望!

心細いのは最初だけ!ひとり旅の楽しさがもう止まらない!

モダン・ラブ 今日もNYの街角でvol.1 私の特別なドアマン

lニューヨークタイムズ紙のコラムをベースに、

8つのエピソードで構成された

ロマンチックでちょっぴり切ない恋のお話

 

1 私の特別なドアマン

f:id:m421miyako:20200206202605j:plain

主人公マギーが住むアパートのドアマン、グズミン。

アルバニア生まれの彼は強制労働所育ち。

活動家である両親は、彼が子供のころに逮捕されている。

 

ちょっと気難しそうなグスミンは

マギーがボーイフレンドを連れてくると

父親さながらに彼を観察し、

近寄らせないオーラでだめ出し。

 

アメリカドラマで見かけるドアマンって

日本の管理人さんとはちょっと違います。

ベルボーイのように荷物を運んでくれたり

警備員のようにセキュリティーに気を配り

コンシェルジュのように小包を受け取ったり

用事を申しつかったり

ただドアを開閉する仕事ではありません。

 

ドアマンの平均年収は400万円弱と言われています。

ただのドアボーイではない証です。

空気を読む力や

高いコミュニケーション能力も求められ

家族のような存在でありつつも

つかず離れずの絶妙な距離感を保つことで

住民たちからの信頼を得ています。

 

ストーリーに戻ります。

あることがきっかけで

マギーとグスミンの距離感が縮まり、

一番頼れる存在になっていきます。

sponsor

  

仕事のオファーでNYを離れたマギーが

恋人と5年ぶりにレジデンスを訪れたとき

彼は言います。

私はボーイフレンドがどんなかなんて

気にしていなかったよ。

いつもあなたの目を見ていたんですよ。

ボーイフレンドを品定めしていたわけではなく

マギーが彼に対してどんな気持ちでいるのかを

いつも見ていたのです。

彼女の目を見て恋人ダニエルが

かけがえのない存在であることを察し、

祝福しました。

 

ネタバレキンシなので肝心なところはシークレット。

実話に基づいたストーリー。

心がほっこりするラストです。

グスミンは今もドアマンとしてNYのレジデンスで

働いているそうです。

 

f:id:m421miyako:20200206212615j:plain


 画像はAmazon.co.jpより引用