海外 ひとり旅の野望!

心細いのは最初だけ!ひとり旅の楽しさがもう止まらない!

iMovieを使ってみた⑥ 画面を2分割【スプリットスクリーン】

動画の作り方がわかったら

今度はちょっとカッコよくしたいと思いませんか?

 

f:id:m421miyako:20200619183349j:plain

 

画面を2分割してみた

今回は全部iPhoneで作ってみました。

動画を用意しましょう

左右に別の画面が流れるのって上級者っぽくないですか?

お試ししたいけど、そんなに動画持っていないというあなた。

だいじょうぶですよ。動画を無料でDLできます。

【Pixabay】このサイトを利用している方も多いと思います。

検索窓の右側をプルダウンすると動画の項目が有るので、

ここから短めの動画をDLして練習用に作ってみましょう。

https://pixabay.com/ja/

スプリットスクリーン

1枚目の画像を読み込みます

iMovieを起動し

+のマークをタップ

ムービーを選択

(一番下に有る)ムービーを作成をタップ。

f:id:m421miyako:20200618204252j:image

プラスを選択

これで写真や動画を呼び出します。

f:id:m421miyako:20200618204311j:image

↑今回はビデオを選択します

f:id:m421miyako:20200618204354j:image

動画が保存されている場所を選択します。

iPhoneのフォトに入っている場合はすべてを選択。 

雲のマークをタップすると読み込み開始。

完了後をタップすると下のように画像が取り込めます。

尺が長かったので、タップしてアクティブにし

分割して余計な部分は削除しました。

分割方法の詳細はiMovieを使ってみた④でご確認ください。 

1枚目の動画がタイムラインに表示されました。 

f:id:m421miyako:20200618204658j:image

2枚目の動画を読み込みます

そもそもスプリットスクリーンってどこに入ってんねん?

ごもっとも。どこにもそんな文字が出てきません。

その機能が使える状況になった時、出現するシステムです。

写真を選ぶところまでは同じなのですが

さっきと違うマークが出てきます。・・・をタップします。

f:id:m421miyako:20200618204430j:image

好きなのを選びなさい!って感じで項目が出現。

スプリットスクリーンを選択するとあ~ら不思議!

f:id:m421miyako:20200618204505j:plain

2枚目の画像が(赤い矢印)1枚目の上に

鎮座ましましております。

1枚目の画像はベルギーのブルージュで撮影したものです。

遊覧船で進んでいくと、

修道院の前庭で白鳥やカモが泳いでいます。

って、そっちは静止画しかなかったので

DL した無料動画を使いました。

であまりにもドンピシャな画像でびっくり。

言わなきゃわからないかも。

白鳥の動画は頭出しが黒い画面だったので

おしゃれじゃないです。

動画をタップし(黄色い枠で囲まれたる)アクティブになったら

黒い部分を分割して削除しました。

iMovieを使ってみた⑥からいきなりトライすると

わかりにくいかも知れません。

①から順を追って試してみてください。

カテゴリー>ブログ雑記▼>iMovieからどうぞ。

f:id:m421miyako:20200618211656j:image

下の画像、黄色部分だけ切り取って有るので

プレービュー画像で見ると、頭出しは1画面で途中から2分割になります。

意図してやったわけではありませんが

最初は1枚の動画から始まって

2分割になるなんてイカシテルぜ!

音声は、遊覧船のキャプテンの声をそのまま使いました。

キャプテンと言っても

乗組員は彼一人だけ。

歌うような語り口がいい味出しています。

チャポンチャポンという水の音も

風情がなんとも言えない。

幸いなことに日本人は私だけだったので

「お父ちゃん!白鳥やで」とかいう声もなく

生音を利用できました。

完了を押して、My Movie4(仮の名称)を

動画の名前に変更し、プロジェクトに戻ります。

f:id:m421miyako:20200618211700j:image

出来上がったのはこれです。

 

次回は4分割にTRYしたいと思います。

高機能ソフトを使えば

チャチャっとできちゃうのかもしれませんが

iMovieの場合はその機能が有りません。

そこでちょっと裏技。

ピクチャーインピクチャーピクチャーと言う

ワイプ機能の応用で試してみたいと思います。

ご期待ください。