海外 ひとり旅の野望!

心細いのは最初だけ!ひとり旅の楽しさがもう止まらない!

iMovieを使ってみた⑦ 画面を4分割【ピクチャーインピクチャー】

 iMovieはiPhone・iPad・Macで利用できる動画編集アプリです。

試行錯誤しながらもなんとか挫折せずに

動画で遊んでいます。

投げ出さなかったのは根性が有るから?

いえいえ、簡単だからです。

最終的にはどこを目指しているのか・・・?

自分でもよく解りませんが

まっ、いいか!楽しければ。

f:id:m421miyako:20200620155143j:plain


 IMovieで四分割ができないわけじゃない

高度な画像処理ソフトなら簡単なのかもしれませんが

iPhone・iPadでフォルテの

お手軽アプリiMovieには残念ながらその機能はありません。

だけどちょっとしたテクニックを使えば

四分割だってできないわけじゃない。

素材の準備

練習用の短い動画は

フリーの素材が利用できるpixabayから

DLしました。

検索窓に入力したら右側のVでプルダウンし

動画を選んでください。

https://pixabay.com/ja/

とりあえず動画のフォルダを作って

入れておきましょう。

ここまではPCで作業しています。

この動画をiPadやiPhoneで編集します。

色々な方法で同期できると思いますが

私はドロップボックスを使います。

保存しておいた動画を

PCのドロップボックスに移動させます。

画像の上で右クリックすると

ドロップボックスに移動と言う項目があるので

選択します。

(ドロップボックスへ送信の方じゃないです) 

 

ドロップボックスからの作業

iMovieで編集に使う端末(例えばiPhone)の

ドロップボックスを開くと

PCのドロップボックスに送ったものと同じ動画が

ちゃんと保存されています。

まさにどこでもドア。

f:id:m421miyako:20200630211555j:plain

ここからiMovieに動画を送ります。

送る画像をタップすると拡大されます。

右上にある・・・からエクスポートを選択し、

iMovieにコピーを選択。

f:id:m421miyako:20200630211612j:plain

自動でiMovieのこの画面にワープするので

新規ムービーを作成を選択します。

f:id:m421miyako:20200701202855j:image

下の画像のようにタイムライン(作業スペース)に

画像が表示されます。

このまま何もしないで左上の完了をタップ。

4分割に使いたい動画4つを

同じ手順で用意しておきます。

既に保存されている場合、この作業は不要です。

f:id:m421miyako:20200701203515j:image

iMovieで作業開始

土台の画像を作る

画面の中に別の動画をワイプで入れる機能、
ピクチャーインピクチャー使います。

土台になる画像が必要なので、

レンズをカバーして何も写っていない画像を

一枚準備しておきます。

壁や床など無地の画像でも

既存の画像でも構いません。

 

iMovieを起動して➕をタップ。

ムービー

ムービーを作成(一番下に出てきます)

写真

土台になる写真を選択して

➕タップするとタイムラインに

画像が表示されます。

この赤い画像が土台になります。

最終的には見えなくなります。

最初の動画を入れる

土台に乗せる最初の動画を選びます。

ビデオをタップ。

f:id:m421miyako:20200701205443j:image

動画を選びます。

先ほど取り込んで何もせずに完了(保存)した動画を読み込みます。

(iMovieに取り込んだのでiMovieメディアに入っています)

f:id:m421miyako:20200701205621j:image

使いたい動画をタップすると黄色く囲まれて

アクティブになり

⊕ ▶ ・・・のマークが表示されます。

【マークの説明】

⊕はタイムラインに取り込む

▶は再生(試しに見ることができます)

・・・は取り込む方法を選択できます。

(別作業の過程画像を使っているので絵が違っています)

f:id:m421miyako:20200618204430j:plain

・・・をタップし赤枠の方、ピクチャーインピクチャーを選択。

f:id:m421miyako:20200618204549j:plain

タイムライン(作業スペース)には

赤の土台と取り込んだ画像が重なっています。

土台の部分を景色にして

ワイプ機能で小さい画像を入れる場合は

小さいままで場所決めをすればワイプになります。

f:id:m421miyako:20200701205654j:image

【画像の大きさや位置を決める方法】

タイムラインで画像をアクティブにします(下記黄色い矢印)

黄色く囲まれればアクティブです。

【マークの説明】

🔍マークは拡大

十字キーは移動

🔲は縁取りON・OFFです。

画像が白く囲まれているのがONの状態です。

2本指で広げると画像が拡大されます。

同じ大きさの動画にしたかったので

左上1/4になるように大きさ場所を決めます。

タイムラインで黄色く囲まれている状態が

アクティブです。

アクティブにした状態でないと

プレビュー画面で追加した動画を

動かすことはできません。

 拡大や移動のアイコンも表示されません。

f:id:m421miyako:20200701205709j:image

完了(左上)を押すと動画再生の画面になります。

一番下の四角に↑のマークをタップして

ビデオを保存を選択します。

f:id:m421miyako:20200701210004j:image

読み込みが終わるとこんなメッセージが出ます。

f:id:m421miyako:20200701210023j:image

iMovie①~⑥までのチュートリアルでは

ビデオ保存の工程はせずに

完了で保存していました。

今回は土台と一つ目の動画を結合させます。

そのためにビデオ保存をします。

どんどん追加していけばいいのにって思いますよね。

ピクチャーインピクチャーは

土台+一つの動画しか作れません。

結合させることで1枚の動画と言う扱いになります。

2番目の動画を入れる

IMovieの起動画面(プロジェクト)に戻って

土台と1番目動画が一体化したこれを選びます。

※上記説明では観覧車の画像になっていますが

手順をやり直したので別の画像になっています。

今回はこれが土台になるので

㊉でタイムラインに取り込みます。

f:id:m421miyako:20200701214334j:image

土台と画像を結合させる前は

画像が二段になっていましたが

今回は一つになっています。

f:id:m421miyako:20200701214405j:image

2番目の動画を読み込みます。

タイムライン左側に有る+で先ほどと同じように

動画を選びピクチャーインピクチャーで読み込んで

タイムラインでアクティブにして

位置や大きさを調整します。

同じように完了⇒ビデオを保存

これで土台・1つ目・2つ目が結合されます。

f:id:m421miyako:20200701210052j:image

3、4番目の動画を入れる

同じことの繰り返しです

✙ ⇒ムービー⇒ムービーを作成

先ほど作った動画(結合されたもの)を選択。

土台の上に2つの動画が乗っています。

f:id:m421miyako:20200701210119j:image

㊉で取り込み、先ほどと同じ手順で

3番目、4番目を繰り返します。

f:id:m421miyako:20200701210143j:image

画像の長さがバラバラだと、

終了した部分の画像は土台が見えてしまうので

余分な部分は分割して削除します。

最初から四分割より前後は1枚の方がおしゃれかなと思い

動画を一コマ分だけ足しました。

静止画でもいいし、スライドショーでもいいですね。

最初から4分割を見せるより

途中からの方が、オーってなると思います。

f:id:m421miyako:20200701210205j:image

トップ動画をアクティブにしT(テキスト))でタイトルを入れます。

f:id:m421miyako:20200701210220j:image

右下にある⚙マークでBGMを入れられます。

順を追っておさらいしたい方は

下記リンクのカテゴリーからどうぞ。 

スプリットスクリーンで左側に動画を入れて

ピクチャーインピクチャーで右上下に2動画入れることも

できるかな?

今度試してみたいと思います。

今回の出来上がりはこちらです。