海外 ひとり旅の野望!

心細いのは最初だけ!ひとり旅の楽しさがもう止まらない!

海外ドラマ 気になる3つのフレーズ

 

f:id:m421miyako:20190929163955p:plain

海外ドラマで、よく聞くフレーズ。

いつかどこかで使うチャンスを狙っていますが・・・・

Are you asking me out?

意味は誘っているの?です。

吹替では「それって、デート?」

好意を持って誘っていて、それがわかっていてOKする。

凄く便利なシステムじゃないですか?

 

仕事帰りにビールが飲みたくて誘っただけです。

同僚として誘っただけ。彼女いますから。

なんて言われたらガックシです。

sponsor

 

Please, let me work

お願いだから仕事をさせてくれ!

1話1時間という描き方が画期的なドラマ”24”でも

度々使われたフレーズです。

ジャックバウアーが必死で悪に立ち向かっているのに

上司が、規則やなんやらごちゃごちゃ言ってきて

「いい加減にしてくれ」って意味で使います。

 「ちょっと静かにしてもらえませんか」

暇で無駄話ばかりしている上司に、そんなこと言えませんからね。

 Do not return a question for a question

質問に質問で返さないで!

これって、日常でもよくあります。

「ねえ、ランチ何処に行く?」

「あなたは、どこに行きたい?」

流石に、この場面で使うと気まずくなるよね。

この場合、相手は行きたい場所が思い浮かばないだけなんです。

「じゃあ、イタリアンにする?」

その時「あー!イタリアンはちょっと」

ここでイラっとするのはちっちゃいですか?

「だったら、中華にする?」

こう聞きますが、心の中では

”だったら、イタリアン以外でって言えよ”そう思います。

 

質問で返さないでを使うのは、よっぽどフレンドリーな間柄か

逆にイラっとした場合でしょうか?

質問されたときに、質問で返すのも一つの方法です。

相手の真意がわかる時が有ります。

そうすると相手が求めている答えがわかる時が有ります。

相手が求めている答えを言ってあげることで

関係性が保てることが有ります。

どうでもいい事なら「そうだね」って

同意しておくのが、大人なのかもね。

どうでもいい事に反論してしまう、大人になれない私です。