海外 ひとり旅の野望!

心細いのは最初だけ!ひとり旅の楽しさがもう止まらない!

24Japan

 一世を風靡した海外ドラマ24

これをコンプリートしたくてHuluに加入したくらいです。

24Japanが放送されるとあっては

見ないわけにはいかない。

気にはしていましたが、気づいたら第三話目でした。

ゆるいな、私。

 

そして、ゆるいついでにもう一つ。

海外ドラマのカテゴリーにシラーっと入れています。

雑記に入れるのもアレですし

月曜と決めている海外ドラマ記事のストックが

底をついてきたので、

ここは、まあいいか主義の本領発揮です。

f:id:m421miyako:20201025175305j:plain

24って画期的だよね

いままで、一回の内容が一時間に相当するなんて

そんなドラマ有ったでしょうか(もしかしたら有るかも)

衣装一着でいいやん!

そんな事は無いです。

 

ジャックバウワーが凄すぎる。

強靭すぎる。

ボコられすぎる。

あの人一回死んでますから。

(心停止しました)

裏切られすぎる。

 

海外ドラマカテゴリーで最初に書いた記事です。

なぜ24Japan

テレビ朝日の開局60周年記念のドラマです。

開局記念のドラマなのに、

なぜゴールデンじゃないのかな?

 

そして、なぜこれを選んだのか?

あえて超有名なこのドラマを

2020年の日本を舞台に置き換えて?

 

24へのオマージュなのか?

単なる思いつきなのか?

American eelは

日本の二匹目のドジョウになると踏んだのか?

 

疑問は小学生のごとく湧き出てきます。

 

ついつい比較してしまいます

どっちが面白いとか

どっちが出来がいいとか

それは個人の好み。

判断はそれぞれの感性にお任せします。

 

オリジナルを見ている立場で言うと、

この人があの人なんだ・・・。

みたいな見方をしてしまいます。

やはり原作ありきの目線で見てしまうので

”違うんだよな~!”の発動は

仕方ないです。

 

逆に、日本版を見てから

アメリカ版を見るとどんな感じなんでしょう。

 

組織のテロ対策ユニットは

本家と同じCTUと言う名称。

そこは、日本語のままでもいいんじゃない?

余計なお世話ですけど。

 

CTUの本部は本家とそっくり。

中二階みたいな部屋が有って

ブラインド越しに見下ろしたり見上げたり。

 

本家では黒人初の大統領候補と言う設定が

こちらでは初の女性首相候補という設定。

 

このドラマ、え~!この人が裏切る?

そんな場面が多いんですけど

それがわかっていて見るのは

ちょっとしんどい。

驚きたい!

 

クロエはどこ行ったんや~

24Japanの配役が原作の誰かを調べたら

クロエがいない!

クロエらしき人が見当たらない。

これ、大事ですよ。

 

実はクロエは原作でもシーズン3からの登場です。

印象が強すぎて最初から登場していた気がしましたが

調べたら、そういうことでした。

だから日本版には登場しないようです。

 

 

クロエのキャラ好きだな~!

クロエがいなかったら

ジャックの活躍は成立しません。

100%原作通りじゃないんだから

この役はぜひ登場させてほしいです。

 

面白いのか面白くないのか

重複しますけど、これは好みの問題。

ただ、これを放送する決断は

かなりの勇気だと思います。

24ファンも多いですから

批判が起きないわけがない。

あえてチャレンジするその精神は

拍手です。