海外 ひとり旅の野望!

心細いのは最初だけ!ひとり旅の楽しさがもう止まらない!

♪タンタカ タンタカ タカタカタン♪

海外旅行のみならず、

カラオケも1人で行ってしまいます。

 

f:id:m421miyako:20191201160603j:plain

文章で大切なもの

当然、内容ですが

その内容を1割増しにしてくれるもの、

それは文章力です。

同じ内容でも、読んでいて全く頭に入ってこない文章が有ります。

文章力の定義は別として、ブログの場合は

心地よいリズムが大切だと思います。

 

文章のリズム

例えば短歌や俳句。

五・七・五・七・七や五・七・五のリズム。

たぶん六・八・六だったらしっくりこないと思います。

この並びが心地よいリズムだって先人は理解していた?

時にはリズムを変えましょう

音楽にもAメロBメロやサビが有るように

文章にもインパクトが必要です。

 

語尾は「ですます調」か「である調」で

統一するのが一般的です。

ただ、それが続くと単調になってつまらない。

インパクトをつけるには

①過去形(~でした)や未来形(~でしょう)を使う

②体言止め 私が好きなのは旅行です➡私が好きなのは旅行。

③問いかける 〇〇だと思います➡〇〇だと思いませんか? 

 

同じ言葉の反復

言葉が被ることが有ります。

A

山々の景色が綺麗でした。

夕日が反射して綺麗でした。

ステンドグラスの色がパステル調で綺麗でした。

う~ん!賛美する形容詞「綺麗」しか持ち合わせていない?

それは仕方が無いですが、せめて立て続けはやめましょう。

B

私は今までこんなに楽しかった事は無いと思いました。

また、チャンスが有ったら訪れたいと思いました。

今度は家族そろって来たいと思いました。

う~ん!感想=思ったこと。だから間違いじゃない。

でも、小学生?

 

ABの文章で3つずつ言葉かぶりの文を作りました。

両方3つというのがリズムです。

そして、評価のまえに「う~ん!」を付けて統一。

これもリズムです。

sponsor

 

Roll over Beethoven

ビートルズがカバーした曲。(ですを付けずに体言止め)

題名だけは知っていました。

歌詞は、ロックンロール最高だぜ!

ベートーベンなんかぶっ飛ばせ!

ザックリいうとこんな感じ。(ですを付けずに体言止め)

その題名に引っ掛けてみました。

もちろん文法は大事です。

でたらめだと馬鹿っぽい。

だけど、文法でリズムが崩れることも有ります。

時には勇気を出して(?)文法をぶっ飛ばしちゃいましょう。

 

A 文法って言葉、知ってます?

B 文法という言葉を、知っていますか?

内容はどちらも同じですが、Bは堅苦しい。

ブログだったらAで、良いんじゃない?

学校や仕事ではBでお願いします。

 

 猫は踏まないけれど、韻は踏んでおきましょう

見出し、あざとかったですか?

ラーメン、ツケメン、ボクイケメン。

メンでまとめています。

単語の末尾で韻を踏む脚韻です。

 

言葉の最初に同じ発音の文字を入れる。

頭韻と言います。リズム感が良いです。

 

母韻 母音で韻を踏む

子韻 子音で韻を踏む

 

韻とは余韻の事です。あとに残る心地よさです。

「布団が吹っ飛んだ」しょうもないダジャレです。

確かに「ふとん」と「ふっとん」で

形式的には韻と同じです。

ただ、あとに残る味わいが感じられないので、韻とは言えません。

って、書いてありました。

ダジャレと韻は別物らしい。

 

ラッパーのバトルって言うのかな?

即興の掛け合いみたいなのが有りますよね。

すっげー!って思います。

語彙力が無ければできないですね。

 

ブログの文のリズム感。

気付く人なら気づくけど(けれどじゃない方がリズムがイイ)

♪タンタカタンタカタカタカタン♪

こんな感じで小気味よく!