海外 ひとり旅の野望!

心細いのは最初だけ!ひとり旅の楽しさがもう止まらない!

北京ダックみたいな スキレットでGOGO!

最初に宣言しておきます。

おうちでこんなの作れませんから。

f:id:m421miyako:20200413194615j:plain

北京ダックを食べた気分になりましょうっていうレシピです。

【まず皮から(15cm6枚)】

薄力粉      50g(大匙6)

片栗粉      15g(大匙2弱)

水        180ccくらい

塩・砂糖・ごま油 ほんの気持ち

水以外を混ぜたら少しずつ水を足していきます。

この時一気に水を入れるとダマになるので

練る感じで少しずつ。

クレープの種くらいの硬さです。

水が少なすぎると分厚くなってしまいます。

f:id:m421miyako:20200413202539j:image

これをスキレットで焼きます。

なぜスキレットで焼くか?

綺麗に丸くできるからです。

大きいフライパンで焼くと

●大きさが均一にできない

●きれいな円形にできない

皮の大きさや形がバラバラでは美しくない。

だからスキレットがお勧めです。

15cmのスキレットの場合、大匙2杯の種を流し込むと

丁度1枚分の大きさになります。

焼きが足りないとべたつくので

表面が乾くまで焼き、ひっくり返して両面を焼きます。

f:id:m421miyako:20200413202559j:image

1枚目は使用後に引いていた油分があるので

くっつきにくいのですが

2枚目からは様子を見て油を引いてください。

スキレットがあったまっていると

すぐにくっついてしまい、種をまわし広げにくいので

濡れ布巾などにいったん乗せて温度を下げてから

流し込んで下さい。

蒸気で湿るので網の上に広げて粗熱を取ります。

f:id:m421miyako:20200413202622j:image

【具の作り方】

ネギ     千切り(白髪ねぎ)

キュウリ   千切り

蒸し鶏もも肉 スライスして焼く

※鶏もも肉は炊飯器で炊いてあらかじめ作っておいたものです。

 炊飯器に入れて(塩・胡椒・ニンニクなどお好みで)

 炊飯ボタンを押すだけです。

 

皮を焼いた後のスキレットは洗わずに薄く油を引いて、

スライスした蒸しもも肉を焼きます。 

f:id:m421miyako:20200413202835j:image

皮に具をのせて、甜面醤(てんめんじゃん)を

かけて、出来上がり。

f:id:m421miyako:20200413202900j:image

甜面醤は麻婆豆腐などにも使えるので

常備しておいても使い道は有ります。

f:id:m421miyako:20200413202929j:image