海外 ひとり旅の野望!

心細いのは最初だけ!ひとり旅の楽しさがもう止まらない!

Bruges(ブルージュ)運河クルーズは最高だけど軽く迷子になりました

 

ベルギー観光には欠かせない場所だから行ってみた

ベルギーで知っている都市と言えば、当然ブリュッセル。

個人の見解では、次いでアントワープ、ブルージュかな。

Brugge(ブルッヘ)  フラマン語(オランダ語)

Bruges(ブリュージュ)フランス語

Bruges(ブルージュ) 英語

どれでも通じるのでご心配なく。言うのは切符を買う時だけかも。

ここは、フランドル地方なのでフラマン語(オランダ語)で駅名表記。

行くのは簡単、ブリュッセル中央駅からICで4駅目(3駅目の列車もあります)

北駅、南駅からも直通で行けます。

中央駅からは約70分。

私はオステンドからの帰りに寄りました(オステンド➡ブルージュ約15分)

日帰りでも(半日でも)十分楽しめると思います。

 

f:id:m421miyako:20190623180757j:plain

※地図はwikitravelから引用しポイントしました

ブルージュの街歩き

地下鉄、バス、トラム。ベルギーではいろいろな公共交通機関が有りますが

ブルージュは簡単。バスだけです。

De lijn(デ レイン)で行こう

画像はたぶんメッヘレンで撮ったものですがこんなバスです。

フランドル地方共通で使えるバスカードです。

多言語国家のベルギーでは北部はDe lijn、南部は TECという具合に

バス・トラムの経営は別の会社です。

一回ごとのチケットと、複数回乗れるパスが有りますが今回は乗車の度に買いました。

数日使えるものもあるので行動範囲や人数で決めましょう。(1枚で複数人可)

車内でカードを差し込んで(上に差し込み口有り)ピッってします。

これが曲者。エラーが出る。もう一度やっても。少し時間をおいたら読み取りOK。

地元らしき人もエラー頻発でした。(ピッってしないと罰金です)

 

駅前では世界遺産らしき光景は見当たりません。歩くのもしんどそうなのでバスで。

駅構内の通路を若い番号の方(ホーム番号)へ向かっていくとバス乗り場が有ります。

旧市街のマルクト広場へ向かうのですが日曜だったせいか、

有名な世界遺産の町だからか、バスもかなり混んでいました。

ヨーロッパの日曜は、お店も閉まっているし…的な話を聞くので

心配していましたが、人多すぎ!

 

旧市街 マルクト広場に到着

バスは今どきの店が並ぶ通りを通って旧市街に向かいます。

この町では区画整理などできないので、細い道です。

マルクト広場に着いて、人の多さに圧倒されました。

 行く前は、ここに行って、あそこに行ってと計画していましたが

中世の街並み+池袋新宿の日曜みたいな感じで気持ちが萎えました。

そうだ!運河クルーズしよう!

地図を見ると、町の周囲を運河が取り囲んでいます。ってことは中心から外れれば

運河にたどり着く。💡ひらめきました!(誰でもわかるワイ)

 

この運河、実は津波によって出来た水路を整備し街と海をつなげたもの。
町中を張り巡らされた水路のおかげで交易が盛んになり、金融と貿易の中心として

栄えたそうです。

船の大型化に伴い運河の利用ができなくなり、町は衰退しましたが

時代の中心から取り残され、戦争で破壊されることもなかったおかげで

中世のままの佇まいを今に残し、タイムスリップしたかのような世界を

見せてくれます。

 船着き場見つけました!

 てなこと言ってるうちに、船着き場が有りました。

事前リサーチでは何カ所かあるようでしたが、ネットで検索するより運河沿いに歩けば

見つけられるという、ざっくりな私です。

で、見つけたら乗る。ガイドさんがイケメンか否か?料金が同じかどうか?

そんな事どうでもいい、ざっくりな私です。

ざっくりなのは私だけじゃない

 これが乗船チケット。

乗る時に渡すと1/3くらいビリっと破いて返してくれる。

切り取るんじゃなく切れ目を入れるの。手で破いて。ちょっと絶句!

乗る前にビリってなっちゃったら、どうするのかな?

運河クルーズの動画です

youtu.be

ガイド兼船長(船員なし)の流暢な説明。

オランダ語圏なのでたぶんオランダ語。&フランス語かも。

英語の部分も有りました。

白鳥も鴨も、慣れたもんです。逃げません。

今でも使われている建物。

学校や病院も運河沿いにあります。

レストランやショップ。人が住んでいるような家もあります。

リビングの向こうは運河。観光客が居なければステキかも。

クルーズ中に見上げると、蚤の市やってます

 ⇩蚤の市の情報。

www.421miyako.com

蚤の市に集中できなかった理由(わけ)と親切な人々

f:id:m421miyako:20190623182732j:plain

 完全に迷子です。本能優先で歩き回ったせいです(反省)

とは言っても、山の中じゃないし周りに人も大勢いるし心配はしていません。

まだ日もくれないし。

 

駅までの道を誰に聞くか思案していて、いまいち蚤の市に集中できない私です。

まあ、ジュドバル広場で堪能したからいいさ。

 

日本人の三人連れが歩いていました。2人+ガイドさんみたいな感じ。

海外の在住日本人ガイドを紹介するサイトが有ります。(個人営業のバイト)

時間給+交通費。場合によってはガイドの食事代も。

そんな感じの3人だったので(完全に妄想)なんだか聞きにくい。パスです。

蚤の市の店の人。なんだか気難しそう。パス。

 

親切な人 その1

f:id:m421miyako:20190623184752j:plain

ひとりで歩いていた人。地元の人かも。

地元の人ではなくプリントアウトした地図を持っていました。

今いる場所がここだからと教えてくれて、もう要らないからって

地図もくれました。

親切な人 その2

f:id:m421miyako:20190623184752j:plain

何回か途中で道を聞いて、うーん!駅のにおいがする(しません)

日本人の夫婦連れ。同じ目的のようです。

バス停教えてもらったからと一緒に向かいました。

明日帰国だそうで、バスカードの残金が有るからって駅までのバス代を

おごってもらいました。聞いたら東京の同じ沿線の方でした。

 

ブルージュの町は私にとってはちょっと地理がわかりにくい。

ちょっと消化不良な感じでした。

位置関係など下調べが甘かったと反省はするものの

あの有名なブルージュも行ってきたって誇らしげに思う私です。