海外 ひとり旅の野望!

心細いのは最初だけ!ひとり旅の楽しさがもう止まらない!

for me 自分へのお土産 香港編

旅行と言えばお土産

お土産は幸せのおすそ分けだというのが

私の定義。

一番の思い出は、ここ♥に有りますが

自分へのお土産を見ると

楽しい思い出がよみがえります。

f:id:m421miyako:20200419143239j:plain

 初めて行った海外

もうだいぶ昔の話ですが、初めて行った海外が香港。

東京から4時間弱で、時差も1時間。

初心者にはもってこいです。

エアラインはどこだったかな?

全く記憶は有りませんが、たぶんANAかJAL。

ゴリゴリのツアーでした。

空港ホテル間の送迎付き。

ガイド付きで3泊4日のうち

一日だけFREEの日が有りました。

そのころは、それが海外旅行のモデルパターンでした。

初めて乗ったリムジン

飛行機の座席は3・3・3か3・4・3(記憶なし)

窓側と真ん中に妹と二人で座り

通路側には後ろの席の家族連れの

お父さんが座っていました。

その親父がやたらと話しかけてきます。

 

彼は香港に相当慣れているらしい。

旅慣れているので機内持ち込みの小さい荷物だけ。

※このくだり、かなり自慢げ。

家族はスーツケースを預けている。

ツアーは6人らしい。

 

ゲッ!この親父と一緒かよ!

そもそも、そんなに旅慣れていたら

自分で手配するだろう。

家族が大きいスーツケースを持ってたら

それが出てくるまで待たなきゃいけないんだから

意味ないし!

 

どのような段取りだったか忘れましたが

指定された場所で待っていたら

スーッと白いリムジンがやってきて

おばちゃんガイドさんが421miyakoさんですか?

パリピが乗るようなおっしゃれなリムジンに

私たち2人だけ。

この手のツアーはたいてい食事がついています。

到着日は昼食だけついていて、

そのレストランに向かいます。

もちろんリムジンで。

当時のツアーでお約束のレストランは

大抵不味いか、たいして美味しくないかのどちらか。

※香港の名誉のために言っておきますが

 自分たちで探して行ったお店は

 全部美味しかったですよ。

 

そこで昼食を摂っていると

先ほどのおっちゃんファミリーと若い女性が二人。

う~ん!犠牲者は彼女たちでしたか。

そして、リムジンに乗ったのも

これが最初で最後(かどうかはわからないけど)

自分へのお土産

海外旅行に限らずお土産が義務化してしまうと

それはそれで辛いものが有ります。

気づいたら自分用のが何もない。

自分用に記念に残る何かを買います。

 

香港で買ったのはこれ。

汕頭刺繍(スワトウ)のハンカチ。

中国三大刺繍の一つ(あとの2つは何?)で有名です。

お上品でしょう?

もちろん刺繍が多いほうがお高くて

日本のサイトで調べたら、このくらいの刺繍のもので

だいたい1万円から高いものだと10万円くらいします。

カラーの刺繍のものも買いましたが

それは誰かにあげたかもしれません。

最高級のおめかしの時にしか使わないので今でも健在です。

 

もう一つは刺繍を施した布で覆われた指輪のケース。

裕華國貨と言う地元のデパートで買いました。

全く覚えていませんが、

リーズナブルだったのでたくさん買って

友人に配りました。大好評。

f:id:m421miyako:20200419154340j:image

ここまで書いているうちにもう一つ思い出しました。

景徳鎮の小皿です。Φ7cm。

中国の陶磁器で有名ですね。

高級中華料理店で白地に青の柄は見たことが有ると思いますが

これもそうです。

地の色は黒、黄色、ピンク、白などが有りますが

私はこのミントグリーンが好きです。

ブログの見出し背景にも使っている色です。

レンゲも買いましたがそれは実家に。

f:id:m421miyako:20200419154357j:image

 この企画に乗りませんか

実はこの記事、ブログのお仲間、なるさんの記事から

思いつきました。 

ここで皆さんに提案です。

自分へ買ったお土産の記事を書きませんか?

条件は1つ。タイトルの頭に自分へのお土産 と言う言葉を

入れていただきたいです。

この言葉で検索した時に私たちのブログが

ダーッ!っと並んだら圧巻だと思いませんか?

 

アメリカ編のように国でもいいし

NY編、ロス編のように地名でもOK。

毎回コレクションしているものがあれば

マグカップ編とかキャップ編というのもアリ。

リピートが多い方ならハワイ編1,2とか。

東京タワーに上る度に買っているキーホルダーとか

ご当地キティちゃんでも。

 

それにまつわるエピソードや、当時の思い出でも

その辺もお好きにどうぞ。

本当はコレクションをやめたいけど

意地で買っていますなんて言うのも面白い。

 

ひとつアドバイスさせていただけるなら

1記事じゃなくシリーズ化すると楽しいんじゃないかな。

 

もう一つ、あなたの読者さんに向けても

この提案を広めていただければと思います。

ご自分の言葉でもコピペでもOK。

だんだん主旨が変化していっても問題なしです。 

提案はしましたが手を離れた時点で企画は皆さんのもの。

広義にとらえてください。

 

ギャラは出ませんので誤解のないように。

そして、壺は売りませんのでご安心を。