海外 ひとり旅の野望!

心細いのは最初だけ!ひとり旅の楽しさがもう止まらない!

海外 こんなバックを持って行きます

 

意外と悩むのがバックです

f:id:m421miyako:20190903201612j:plain

スーツケースを買う前には

ハードかソフトか

ファスナーかフレームか

あとはキャスターや素材、肝心な価格。

悩むのはそのあたりです。

高級なものがイコール長持ちとは限りません。

ネットにそう書いてありました。

運が悪いと頑丈な高級品でも壊れることも有るって

書いてありました。

私のはこれ。ハードケースフレームタイプ

通販で買った安いヤツ。

5回海外に同行していますが今のところダメージ無しです。

空港のバゲッジクレームから出てくるスーツケース。

圧倒的に黒やグレーが多いです。

この時点で目立つ色って思い、オレンジと迷った末、ターコイズにしました。

色選びは2択です

無難にするか個性的にするか。

人生はともかくスーツケースくらいはっちゃけたい!(言う程でもないですが)

同じ考えの人は世の中にたくさんいます。

個性的なつもりで選んだ色ですが、そこそこいます。同じ色。

sponsor

 

リュック派?バック派?

普段は、ポケット派の男性でも

海外旅行となると機内持ち込み用にバックを用意すると思います。

私はリュックが苦手です。

いちいち降ろして中身を出すの面倒じゃありませんか。

バックの2つ持ち

機内持ち込み用のバック、1つにしますか?2つにしますか?

大抵のエアラインはハンドバック的な身の回り品を入れる鞄と

サイズ重量など制限は有りますが、もう一つOK。

1つは小ぶりのトート。

もう一つはショルダーバックにします。

吟味の末選んだバックは

これです。

これも、5年前、海外旅行を再開した時に買ったバックです。

¥4900くらいだったかな?合皮のリーズナブル価格。別名安物。

まさに、条件100%合致の理想的バックです。

①ライトグレーなのでどんな服にも合わせやすい

②合皮なので軽い

③ショルダーハンドルの長さが調整でき、斜め掛けOK

④小ぶりなので上からコートをはおれる

ここまでが外見的条件。

⑤内側が5つに分かれていて分類しやすい

⑥ファスナーがついた仕切りが有る

⑦蓋があおり式でスナップ止め。手を入れられない

一番気に入っているのは内側が5つに分かれているところ

もちろんパスポートはファスナー付きのポケットに入れます。

出し入れが必要なものをさっと取り出せて、ストレス無しです。

チャック付きのポケットが沢山ついたかばんもは分類は便利ですが

旅行の時だけ使うと、どこに何を入れたかわからなくなります。

私だけですか?私はわからなくなります。

その意味でもストレスフリーです。

持ち物に助けられる女(男)になるな!

この頃思います。

持ち物は値段や、ましてブランドではない。

ブランドの力を借りて自分を高めているのは愚の骨頂。

高まっていると思っているのは自分だけ。

安物のバックを持っても素敵に見せるのが

実力派おしゃれ番長のなせる業