海外 ひとり旅の野望!

心細いのは最初だけ!ひとり旅の楽しさがもう止まらない!

べ・べ・ベルトがない!

 

 べ・べ・ベルトが無い!

 

スーツケースの色選び

 

皆さんはどんなスーツケースを使っていますか?

スーツケースの色の話。

空港のターンテーブルで待っていると

圧倒的に、黒・ダークグレー・紺が多いです。

一番無難ですよね。

その分、自分のを見つけにくい。

私のはこれ!オレンジと迷った末ターコイズに。

できるだけ人と被らない色。

余談ですが、渡航先でステッカーを買って貼ることにしました。

二年前から始めたので、まだ2枚です。

 

無難にするか目立つ色か。誰でもこの2択しか無いので

ターコイズもオレンジもピンクも沢山。ガックシ!

またまた余談ですが、ビジネスのチェックインカウンターに

並んでいた人が真っ白なスーツケースを持っていました。

おっしゃれー!(with  louisvuitton Bostonbag )

今度買う時は白にしよう!

 

スーツケースのサイズ選び

スーツケースの選択は色だけではなく素材

金属や樹脂のハード系

布製のソフト系

ファスナータイプとフレームタイプ

 

一番確認しなくてはいけないのがTSAロック

アメリカの場合、テロ対策の一環として

ランダムにスーツケースを開けて検査します。

その際、施錠されていると鍵を壊されるらしいので

検査官がマスターキーで解錠できるTSAロックの

スーツケースが必要になります。

一説には、マスターキーでも上手く対応できない時には

鍵を壊されるらしいです(ネット情報)

このシステムになって4回ほど渡米しましたが

毎回、旅行社から施錠しないように言われました。

検査の対象になった荷物には”開けて検査したよー”みたいな内容の

紙が入っているそうです(ネットで画像を見ました)

ヨーロッパはTSA以外でもよいそうですが

これにしておけばどこでも使えます。

 

軌道修正。サイズの話です。

1日=10リットルが基準で、4泊6日なら40~60リットル。

服をたくさん持って行くか?お土産をたくさん買うか?

私のはMLサイズの80リットル。

行きの荷物は片側半分にゆるゆるで入ります。10kgくらい。

帰りはぎゅうぎゅうに詰め込んで、上に乗ってやっとロック。

航空会社により異なりますが23kgが目安。

ポートランドの空港で秤に乗せたら35・・えー!

よく考えたらポンド表示なのでセーフでした。

 

 

ベルトがなくなった話

 

お安いスーツケースでしたが、もれなく黒の

スーツケースベルトがついてきました。

これを付けている人、多いです。

皆さんお安いスーツケースですか?余計なお世話じゃい!

 

ベルトは何のため?

①取り違えられないように。目立つように。

 もれなくの黒ベルトじゃ、あまり意味がない。

②鍵をこじ開けて盗もうとする輩への抑止力

 開けるのにひと手間かかると狙われにくい。

③万が一壊れた場合ベルトで縛るため。

 壊れ方にもよりますが。

使うかどうかは好みですが私は使います。

やっぱり目印になるし(もれなくなのに)

 

もれなくがもれた!

 

重複しますが、目立つはずのターコイズカラー。

何個も出てきます。

ターコイズ+黒ベルトで・・・無いじゃん!

ターコイズだけなら有る!でも無い、ベルトが。

がっつり絞めたベルトが無い!(中身は無事)

 

2度目の体験

 

旅の事件簿、別記事でも書きましたが、

旅行保険には必ず入ります。

蕁麻疹で受診した時に使ったのが最初で最後。

毎回の保険料は掛け捨てですが、まさに保険。

黒ベルト、おまけだしな。面倒だしな。

ダメもとで申請しました。あらびっくり!¥900円お振込み―!

 

結論は保険に入ろう!ではありません

 

だから保険大事よって言うと思うでしょう?

作者の言いたい事はそこじゃない。

通販で買ったスーツケースの伝票はとっくに捨てた。

通販で買い物をするとサイトから

頻繁にメールが来ます。うざい!

スーツケースなんてそんなに買わないでしょう!

でも、それが役に立ちました。

買ったサイトがわかり、保険の申請に使えました。

¥900にプラスして新しいベルも買いました。

 

結論

 

しつこいメールも役に立つ。

それからは旅行関連グッズのレシート保管しています。

保管場所はパスポートに挟んでおくか

スーツケースの中にいれておく(旅行の時は家に置いとく)

そうすると、行く直前にレシートがある場所がわかる。

以上