海外 ひとり旅の野望!

心細いのは最初だけ!ひとり旅の楽しさがもう止まらない!

Frites Atelier Brussels

偶然見つけた素敵なお店

行きたいリストの中から目指した店は

混みそうな情報!夕方早めに行きました。

4月のブリュッセルは20:30頃まで明るいので

今思えば夕方じゃなかったかもしれません。

残念なことに、魚介スープ以外はソルドアウト!

カウンターで注文し外のテーブル(椅子無し)で食べるスタイル。

その日の昼食もアントワープで魚介スープ。

ヤメとこ!

踵を返し、辺りをキョロキョロ。おしゃれな店見つけた!

で、いつもの外観撮り忘れ

左側が入り口で、正面のカウンターで注文し支払いして席で待ちます。

外国でも通用する名まえだったらよいのですが、私の場合はわかりにくい。

エム・アイ・ワイ・エー・ケー・オーっていうと

ちゃんとMIYAKOって呼んでくれます。

この6文字に関しては、私の発音が◎ってことです。

イケメンに呼ばれるとなんだか嬉しい(彼は仕事ですけど)

日本では苗字で言いますが、海外では名前を言います。私は。

正面の厨房が見える席で。待ちます。

メニューが書いてある冊子が店の前のスタンドに並べられているので

決めてから中に入ります。心の準備はOKです。

スーパーベリー(って何?ベリーの何かだよね)のアイスティー。

フリッツ(フライドポテト)用のソースが選べます。

食べかけの写真ですみません。

ビーフクロケット(コロッケ)とバジルフリッツ。

ソースが選べるなら一番シンプルなのにすればと少し後悔。

 

 日本ではコンプライアンスの問題でしょうか、

食べかけの物はこっそりじゃないと持ち帰れないと思います。

アメリカではドギーバックをもらって

堂々とお持ち帰り。

ラーメン屋さんで飲み残しのスープをビニール袋で持ち帰り

夕食にスープとして(具を入れてアレンジするかも)飲むって

TVで見ました。

ベルギーに行く前、検索しましたが

ヨーロッパでその習慣は無いようです。

量はそれほどでもありませんが、こってりしているので

残っちゃいました。

幸い容器が紙なので、それごと持ち帰りました。

メニューの人がたぶんここのカリスマシェフ?

カジュアルな感じで入りやすいお店でした。