海外 ひとり旅の野望!

心細いのは最初だけ!ひとり旅の楽しさがもう止まらない!

メアリーベリー 失敗しないレシピ

メアリーベリーって誰

イギリス出身、1935年生まれ。

※2020年時点で85歳

お上品なおばあちゃま料理研究家です。

f:id:m421miyako:20200418173636j:image

Great British Baking Showという番組をご存じですか?

アマチュアの料理家たちが

パンや焼き菓子の腕前を競うリアリティー番組です。

その審査員として登場したのが70歳の時。

遅咲きのブレイクでした。

メアリーベリーの失敗しないレシピ

こんなフレーズから始まります。

失敗しない簡単なレシピを知っていると 毎日の料理が断然楽しくなるはずです。
どんな場面の料理でも失敗せずに作れます。
休日を楽しむためのアイディアから 食べたら笑顔になれる料理 このうえない幸せ。 お客様をおもてなしするときの料理まで、
忙しい時に役立つ失敗しないレシピを 紹介します。
 失敗しない。これ大事です。
ワーキングマザーだったので私はいつも時間に追われていました。
頭の中で整理して事前準備をする。これが私のモットーです。
今日は時間の無い時に役立つ簡単な料理をご紹介します。
時間をかけずにさっと作れます。
鍋ひとつで作れるエレガントな料理。あっという間にできる失敗しない料理。
事前に準備しておける大好きな料理 。

こんな風に延々と喋ります。

私もワーキングマザーなので(このくくり、子供の年齢は何歳まで?)

買い置きとか下ごしらえとか時短の大切さは

身に染みて体感しています。

専業主婦だって、子供が小さいうちは

天気が悪くてスーパーに行けなかったり(子連れでは無理)

なかなかお昼寝してくれなかったりで

料理に時間をかけられないのは同じですね。

ベーコンとバジルペーストのお急ぎパスタ

紹介されたレシピの中の一つを

家に有る材料を使いアレンジしてみました。

f:id:m421miyako:20200418180059j:image

※子供の塗り絵じゃありません。描いたものをスクショで撮って

 スクショの加工機能でやってみました。

 指で塗るので思うようにいかないし色数も少ないのですが

 ご愛敬ってことで。

 ※スタイラスペンを買う前だったのでまあこんな感じです。

材料は家に有るもので材用しました。

レシピの材料⇒代用品

ペンネ⇒パスタ

プチトマト⇒トマト

ベーコン⇒豚バラ肉

松の実⇒フライドオニオン

パルメジャーノレジャーノ⇒パルメザンチーズ

ベーコン(豚バラ)を切ってカリカリに炒める。

f:id:m421miyako:20200418181012j:image

ブロッコリーは小房に分ける玉ねぎはスライス(レシピではみじん切り)

みじん切りではなくスライスしたのは

細かいとザルに残って取りにくいからです。

これも時短には重要なことです。

ブロッコリーの軸は輪切りに。

f:id:m421miyako:20200418180924j:image

鍋でペンネ(パスタ)を茹でますが、ある程度茹でたら

ブロッコリーと玉ねぎを加えます。一緒に茹でちゃえってわけです。

番組では鍋でしたが

シリコンスチーマーを使ってみました。

シリコンなので少し柔らかいです。

火傷にご注意ください。

 

全部入れて電子レンジで加熱します。

熱湯を入れる場合は指定の茹で時間より気持ち短め。

給湯器のお湯なら指定時間丁度くらいですが、様子を見てください。

レシピでは鍋でゆでていたので、

茹で時間の後半にブロッコリーを加えていました。
f:id:m421miyako:20200418180918j:image

アルデンテくらいに仕上がったら、水をくぐらせます。

ブロッコリーの青みをきれいに出すためですが、省いてもOK。
f:id:m421miyako:20200418180913j:image

先ほどのベーコンのフライパンに加え、

プチトマト・バジルソースを足して和えます。

味付けは塩コショウ等好き好きで。

ベーコンを使う場合は塩味が強いので加減してください。

 

ここで松の実をパラパラっとするところですが

普通は家にないですよね。

フライドオニオン(うちでは常備品)かナッツでもよいと思います。

バジルソースはほんの少しだけ残っていました。

無くてもそれはそれで美味しい。
f:id:m421miyako:20200418180930j:image

電子レンジでパスタを茹でると塊になってしまうことも有ります。

コツは沸かした熱湯とシリコンスチーマーだと思います。

シリコンってナサにおける宇宙開発の副産物と記憶していますが

どこにもそんなことが書いてありませんでした。

まあいいか。

熱湯にはくれぐれもご注意ください。