海外 ひとり旅の野望!

心細いのは最初だけ!ひとり旅の楽しさがもう止まらない!

モダン・ラブ 今日もNYの街角でVOL.3 ありのままの私を受け入れて

ニューヨークタイムズ紙のコラムをベースに、
8つのエピソードで構成された
ロマンチックでちょっぴり切ない恋のお話

f:id:m421miyako:20200208144708j:plain

3 ありのままの私を受け入れて

パソコンに向かってレキシーは

文章を考えます。

私って、実はちょっと難しくて~問題が有るの。

そこから物語が始まります。

スパンコールキラキラのトップスにコートを羽織って

スーパーに桃を買いに行く彼女。

ミュージカルのような展開になり

「ラ・ラ・ランドじゃないし」みたいな自虐。

彼女は双極性障害(躁うつ病)と

15歳の時から折り合いをつけて生きてきました。

 

そう状態の時は華やかに着飾り

学業や仕事でも高い能力を発揮します。

大学でも成績はトップ。

有能な敏腕弁護士です。

 

波は突然やってきます。

引き金になるきっかけもなく

真逆の落ち込み方です。

無気力になり食欲もなくなり

ベットから抜け出すこともできません。

 

そんなこんなで、せっかくの恋も

残念な結果に。

そして、欠勤の多さから解雇されます。

 

心配した同僚のシンシアが

コーヒーに誘い、

大切なミーティングンも断って話を聞いてくれた事で

頑なだったレキシーの心が

ほどけていきます。

自分の病気の事を初めて打ち明けます。

それをきっかけに、

病気が原因で疎遠になった友人たちにも連絡を。

 

最初の場面で彼女がメールしていたのは

マッチングサイトみたいなところなのでしょうか?

(説明は有りませんが)

 

今回は驚くようなストーリー展開も無いので

ネタバレさせてしまいます。

アンハサウェイも出てるし、見るでしょう?

病気に限らず、思いや悩みを誰かに話すことで

新たな気持ちになって前に進めることも有ります。

 

このシリーズで毎回使われているオープニングの曲。

Setting Sailを貼り付けておきます。

私はこの曲、すごく好きなんです。

ぜひぜひ聞いてみてください。

 

 

f:id:m421miyako:20200206212921j:plain

 画像はAmazon.co.jpより引用