海外 ひとり旅の野望!

心細いのは最初だけ!ひとり旅の楽しさがもう止まらない!

叉焼 炊飯器で作ればほぼ放置

炊飯器は炊飯って言うくらいですから

お米を炊くのに使いますが

あなた、それだけ?

まだまだ修行が足りません。

 

f:id:m421miyako:20200306223311p:plain


叉焼の作り方。

豚ロースブロック⇒炊飯器に入れる⇒炊飯スイッチオン

たったそれだけ。

塩・胡椒なんか、軽くしておくといいかもしれません。

ニンニクスライスとネギの青いところ、生姜等をのせてもいいです。

臭み消しってやつです。

炊飯のスイッチを押して、あとは放置。

この間にスーパーへ行ってきちゃったりしても大丈夫。

 

経験上、ブロックは2個くらいまでにしないと

火が通りにくいみたいです。

万が一、火が通っていなかったら

スライスしてフライパンで焼けばいいだけです。

叉焼としては失敗ですが、リカバリーはできます。

 

出来上がり。というか、炊き上がり。

ここでもうひと手間。

フライパンに、油引きで薄く油を。

全体に焦げ目をつけます。

 

一旦肉を取り出してから、醤油・みりん・砂糖・水を加え

ちょっと煮詰めてから肉を戻して絡めます。(五香粉なんか入れてもいいです)

残ったタレは捨てないでね。

 

応用編で叉焼丼。

ゆかりご飯にキャベツを乗せて、スライスした叉焼を。

タレをかけたら出来上がり。

ラー油で絡めた白髪ねぎをのせるとピリ辛でいい感じです。

なぜに乗せない?

う~ん!忙しかったからです。

 

ソース。

わさび醤油。

からし醤油。

スイートチリ。

サンドイッチの具にもなります。

サンドイッチならマヨネーズが良いかも。

 

炊飯器で肉を調理すると

臭いが残るっていう人もいますが

だったら鳥釜飯なんか炊けないでしょう?

固定観念にとらわれちゃいけません。

料理もブログも柔軟にね。