海外 ひとり旅の野望!

心細いのは最初だけ!ひとり旅の楽しさがもう止まらない!

今日の中華は魯肉飯(ルーローハン)

購読しているブログの記事で

台湾の旅行記がとても多いです。

台湾がグルメ大国だというのは周知のことですが

観光なんてどうでもいい。とにかく食べまくるというフレーズが

心に、いえ、胃袋にしみた私です。

f:id:m421miyako:20191214152419j:plain

タイミングよく、たまたま読んだのがこの記事。

どう作るかより、どう味付けするかが

和風になるか、本格的になるかの境界線です。

よーし!新宿へ行ったらカルディーで絶対買おう!

忘れました。行ったのに。

そうなると募る気持ちは止まらない。

そんな時どうするか?

自分で作るっきゃないでしょう!

 

材料

豚ロースブロック 1cm角切り

にんにく     みじん切り

ショウガ     千切り

メンマ      大き目のみじん切り※アレンジ

フライドオニオン サラダのトッピングに使っていますが

         検索したレシピに有ったので入れてみました

         うちで使っているのはこれ

 

 

リンク記事にもあるように豚肉は常温だと切りにくいです。

切れる程度に冷凍するか

冷凍したものを、やや解凍すると角切りが楽です。

赤字の材料は、有っても無くても~どーでしょうか~

ごま油で炒めるわけですが

私のアレンジはメンマを加えたところ。

ルーローハン、味の想像はつきますが食べた事がありません。

タケノコを入れてもおいしそうですが、メンマのほうが安いし

味付けの足しにもなるのでチョイス。1/2袋弱を使用(お好みで)

私のレシピは材料が明確ではありません。

大勢だったら大きい肉、一人だったら小さい肉。

味見しながら作ればできます。

ピンぼけじゃありませんよ。↓

湯気でレンズが曇っただけ。

火が通ったら、水を足して調味して煮込みます。

 

味付けの材料

みりん

砂糖

醤油

酢(少々)

オイスターソース

八角or五香粉(私は五香粉を使っています)

赤字の調味料は常備していない方も多いと思いますが

これを使うと中華がぐっと本格的になります。

特にオイスターソースは

コウケンテツさんやシンペイちゃん(栗原心平)も

男子ご飯で(TV東京 日曜11:25~)ちょいちょい使っています。

買っときや~!

ググったレシピでは40分煮込むと書いてありましたが

ごはんの時間になっちゃうよ~!20分くらいかな?

ゴルフボールじゃないですよ。

剥き方が超絶下手なゆで卵です。

ある程度煮詰まったら出来上がり。

汁が少し残る程度がベストです。

なに!汁がなくなった!水を足しなさい!

青梗菜などを付け合わせに添えると色どりもきれいです。

丁度、赤と緑のパプリカがあったのでマリネにしてみました。

オリーブオイル+塩+砂糖+酢(または黒酢)

黒酢はお高いので使い分けていますが

酸味がとがっていなくて好きです。

 

ルーローハンは正確には台湾料理です。

中華という意味は中国をさす時にも使われますが

当記事タイトルの中華は中華圏の料理という意味で使用しています。

中華圏=中国語が主な公用語の

     中国・香港・マカオ台湾の各地区の総称

この辺をデリケートに捉える方も多いと思いますが

政治的な思考は一切ないことをご理解くださいね。

このほうがタイトルのリズムがいいので。