海外 ひとり旅の野望!

心細いのは最初だけ!ひとり旅の楽しさがもう止まらない!

ポートランド 初日のスケジュールは私にお任せ

 本当にお様節介な話ですが

初日のスケジュールはかなり悩みます。

はじめての場所は不案内ですし、時間も半端です。

私の経験に基づいたモデルケース、

1日目の過ごし方を提案させていただきます。

デルタ直行便・ダウンタウン宿泊設定

偉そうに言う割には条件有るんかい!

すみません。有るんです。

時間と体力に余裕が無いので基本、直行便。

宿泊場所はSW(川を挟んで4分割した左下 南西です)

f:id:m421miyako:20190714114009p:plain

※フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


SW,どこ泊まる?と思ったら⇩いかがでしょうか

 

 

www.421miyako.com

 

 その1 とりあえずホテルへ

ポートランドの足、MAXは空港が終点なので乗り間違えは有りません。

デルタ直行便は、成田16:05➡ポートランド9:20(2019時点)

丁度良い時間帯です。(主観)

ポートランドは雨が多いことでも知られていて

降水量の9割が10月~5月で占めると言われています。

私が行った4月も毎日雨でした。終日雨の日も有れば、嘘のように晴れたり。

だから、一旦ホテルへ行ってスーツケースを預けちゃいましょう。

ダウンタウン辺りは駅舎が無いので(歩道=プラットホーム)

コインロッカーも無いです。

運が良ければ、部屋に入れるかもしれません。

その2 まず、腹ごしらえ

ホテルにはお昼前に着くと思います

チェックインできたとしても、そこでくつろいではいけません。

ましてや、そこでこれからの予定を立てるなんてありえない。

初日の予定はポートランド空港に着くまでに考えるべし!

成田から9時間も有るんだぜ!

パイオニアーコートハウススクエアへ

ポートランドの居間ともいわれるダウンタウンの中心にある広場。

それにしても、傘を差しませんねアメリカ人。

 

www.421miyako.com

 

1人さしているのは銅像です。  

MAXで pioneer Courthouse下車。

宿泊したエースホテルからは徒歩10分弱で行けますが

せっかく1day ticketを買ったので電車に乗ってみました。1駅ですが。

 

 

 茶色っぽいすり鉢型の広場がそれです。

 ここにフードトラックが出ています。

お目当てはWhole Bowl 

メニューは1種類。サイズは2種類。

当然ちっちゃい方Bambino Bowlを注文。バンビーノと注文したら

ベンビーノ?はいすみません。だそうです。

サワークリーム、アボカド、豆類、サルサソース、チーズなどが

ライスにトッピングされています。

味変用の辛いヤツ(スリラッチャとか)なども置いてあります。

あいにくの雨でしたが、ひさしがついたベンチも有るので大丈夫。

雨のおかげで混んでいなくてラッキー!なんとポジティブ!

全米一住みたい街といわれ、街づくりの参考にも取り上げられるポートランド。

しかし、あまりにも雨が多すぎて精神的にまいっちゃう人も多いとか。

ポジティブは大事です。いつもそうやって自分を丸め込んでいます。

地図アレルギーなのでそれ以外をもらいます

お腹がいっぱいになったら、行動開始‥の前に行っとくかトイレ。

すり鉢型の広場の底の部分にちっちゃな池みたいなのが有って

橋を渡ると観光案内所(visiter informationcenter)が有ります。

入り口らしきものはここしかないのですぐにわかります。

乗り物の路線図や店のパンフレット等が沢山あります。

地図はかなり苦手なので、見る気もしなければ欲しくもない。

得意な方は入手しときましょう。 

私はこれをいただきました。

マクメナミンズのパンフレット。デザインがかわいいから。

肝心なトイレは入って右側。無料です。

びっくり、ガタイのいい警備の男性が2人いました。

ポートランドはホームレスも多いので色々な人が利用するから?

 Portland State University Bookstore

パイオニアコートハウススクエアーから、徒歩15分。

腹ごなしに丁度良い距離。ここは意外と穴場です。

店名には入っていませんがググるとUniversityが入っています。

大学が近くに有ればブックショップ(購買部)も有るはず。

学生じゃなくても入れます。テキストや文具も有りますが、

ベビー服かわいい!該当者が身近にいればお土産にどうですか?

大人用の衣類も有ります。何でもあります。

セール品も有ります。

 Tシャツと、タオルを購入(セール品です)

VIKSというのは大学のマスコットバイキングの事です。

その3 一旦ホテルに帰る

ポートランドのダウンタウンは碁盤の目のようになっているので

街歩きがわかりやすいです。

 ⇩ここにも少し書いています。

www.421miyako.com

 ホテルがこの 辺じゃない方はすっ飛ばしてください。

ホテルまではストリートカーで戻りました。

徒歩20分くらいですが、1dayticketはすべての乗り物共通なので

乗らない手はないです。

プチ迷子

私はよくプチ迷子になります。

ある時は微に入り細に入りリサーチし

ある時は好奇心の赴くままに出たとこ勝負。

バスに乗ったのはいいけどなー、どこで降りるのかなー?

降りた場所は有っていたようですが、さてホテルはどっちかな?

別記事には道がわかりやすいって書いていますが

初日なのでグダグダでした。

絶対地元の人だと目星をつけて道を聞いたアメリカ人。

観光客でしたが、スマホのバッテリーがemergencyというと

笑いながらホテルの場所を調べてくれました。感謝!

その4 Voodoo Doughnut ONE(1号店)

もうすぐ夕食時間ならここもすっ飛ばしてください。

ポートランドで有名なドーナッツと言えばブルースターとブードゥー。

特別ドーナッツ好きではありませんが一応押さえときます。

2号店は川の向こうNEに有るので今回は1号店に行きます。

Burnsuide St.を川の方へ向かってひたすら歩きます。

Ave.の数字が小さくなる方へ行けばよいのです。

Burnsuide St.は、かの有名なパウウェルブックショップのある通り。

ブックショップに向かって右側へです。

とにかく通りの番号を見てください。

正面に橋が見えてきた手前の開けた場所に有ります。

この看板と行列ですぐにわかります。

途中、淋しい場所ではありませんがホームレスやホームレス風の人が多いです。

声をかけて来たり、危ないことは有りませんが絶対とは言えません。

①明るい時間に行くこと。

②ミニスカートやヒラヒラした服装で行かない。

③観光客オーラを出さない。

※海外の鉄則ですが。

その4.5 出会った店には入るべし

2017年から旅の記念にステッカーを買っています。

スーツケースに貼るので、地名入りでおしゃれなヤツ。

その気で探すと意外と売ってない。

ドーナッツを持ってホテルに戻る途中で見つけました。

Burnsuide St.沿いだったか記憶がいまいち。

買ったのはこの看板と同じデザインのシールです。

その5 Mcmenamins Ringlers Anex

ドーナッツはデザートにとっておいて夕食は早めに出かけます。

アネックスと言うのはクリスタルホテルの別館という意味でしょうか?

パウウェルブックショップの通りを数字の大きい方へ向かってゆくと

両側を通りに挟まれた細い三角の店が有ります。

お店の紹介は別の機会に。価格はリーズナブル。

おひとり様でも気後れせず入れます。

www.mcmenamins.com

その6 WHOOL FOODS

一日の〆はスーパーで買い出し。

ホールフーズを探さなくちゃね。

夕食中に外を見るとWHOOLFOODSの文字。

通りを隔てた向こう側。

ビールとか、バラマキ土産とかを購入➡ホテルへ

 お店の詳細は別の機会にご案内します

今回は初日の行動ご提案でした。

それぞれのお店について、もっと書きたい喋りたい。

もっと読んでもらいたい、聞いてもらいたい。

そんなわけで、乞うご期待♥